新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン

感染症対策のための誓約事項

大会の参加者(ランナー、競技役員、スタッフ・ボランティア)は、以下の事項を承諾し、遵守することを誓約していただいたものとします。

(1)大会開催の可否判断や感染症対策、個人情報の取得、目的、提供について承諾します。
(2)次の場合は、大会の参加を辞退します。
 ①大会当日に発熱(37.5℃以上)、体調不良の場合
 ②体調管理チェックシートの項目に当てはまる症状がある場合
 ③新型コロナウイルス感染症陽性と診断された方と濃厚接触がある場合
 ④同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合
 ⑤過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある場合
(3)大会終了後2週間以内に新型コロナウイルスの感染が発覚した場合は、主催者に報告し、自治体や保健所等の調査に協力します。
(4)大会終了後に感染症を発症した参加者が発見された場合には、その感染経路の特定に協力します。

※実行委員会及び主催者は、新型コロナウイルス感染症を含む感染症への感染、又は感染者への濃厚接触(これに付随関連して発生する一切の損害を含む)に関する一切の責任を負いません。

1.大会開催の可否判断

以下のいずれかに該当した場合は、大会を中止します。

2.感染防止対策

大会前の対策

大会当日の対策

・シャトルバスに乗車の際は、マスク着用の確認と検温・消毒を行い、37.5℃以上の場合は乗車をお断りします。
・大会会場は、必ず、指定された入場口から入場してください。
・入場の際は、スタッフの指示に従い、検温・消毒、チェックシートの提出をしてください。
 ⑴ チェックシートを必ず提出してください。提出されない場合や虚偽の記入をされた場合は、参加をお断りします。
 ⑵ 検温により37.5℃以上の場合またはチェックシートにより「不適」の場合は、参加をお断りします。
 ⑶ 検温及びチェックシートが「適正」の場合は、リストバンドを配布しますので、大会中は常時着用してください。入場後は、チェックポイントにおいてリストバンドの確認をします。(確認できない場合は進行できません。)
 ⑷上記⑴、⑵により参加できない場合は、参加料の返金は行いません。
・レース時以外は常時マスクを着用してください。(スタート後のマスクの着用は各自の判断に委ねます。なお、マスクを外す際は管理(携帯)の徹底をお願いします。)
・アリーナ内は、更衣室、手荷物置き場、トイレの利用が可能ですが、出来るだけ滞留することのないようにして、各自が“三密”を避ける行動を取ってください。
・アリーナ内は、左側通行や各施設の出入口の指定の遵守により、他の参加者との接触を少なくするための行動にご協力をお願いします。
・予め、走る服装に着替えた状態でご来場されることを推奨します。
・実行委員会及び主催者は、感染防止対策等による出走の遅れなどについては、一切の責任を負いません。

コース上の対策

応援の対策

スタッフ・ボランティアの対策

一般来場者の対策